病院

更年期障害は専門医の指示のもと漢方薬で治療しよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

漢方とホルモン補充療法

男性

漢方療法はゆっくり効く

かつては漢方薬には健康保険がききませんでしたが、保険適用になってからは自然治癒力を高めて症状を改善する漢方療法が、更年期障害の治療でも積極的に使用されるようになりました。更年期障害では色々な科を受診しても特に異常は見つからず、これといった病名がつけられないことがよくあるのですが、それでも更年期障害の不快な症状や辛さは現実に存在しています。そんな時はまさに漢方薬の出番です。漢方薬は市販されているので手軽に入手できますが、専門医に診てもらって選ぶことが大切です。ゆっくりと効き目が現れるのが特徴ですから忘れずに飲み続けましょう。なお、ホルモン補充療法を受けている人も同時に漢方薬を服用してもかまいません。

エストロゲンを補充

更年期障害のホルモン補充療法とは、女性ホルモンであるエストロゲンを飲み薬や注射、貼り薬などによって身体に補充することで、卵巣からのエストロゲンの分泌低下による不足愁訴を改善していこうという治療です。並行してプロゲステロンというホルモンも使われます。この治療の副作用としては、たまに胃腸障害や体調の悪化を訴える人がいます。頭痛、乳房の腫れや痛み、おりものの増加なども見られます。こうした場合は薬の種類を変えたり量を加減して様子を見ます。この治療に使われるホルモン剤の用量はかなり低いので長期間飲み続けていても副腎皮質ホルモンのように肝機能に障害を起こすことはまずありません。但し、子宮頸がんや卵巣がん、乳がんなどにかかったことのある人は受けられません。子宮筋腫のある人や子宮内膜症の人も避けた方がいいでしょう。

体調不良を治したい

医者

自律神経失調症は、体に特定の器質的異常がなくても、さまざまな症状に悩まされる病気です。天気の変化にも影響されます。このような場合は、総合内科を診療科目にしている病院に相談すると、良い結果が得られる可能性があります。

読んでみよう

お腹の健康を守る

聴診器

内科は日頃よくみられる体の不調を治療したりケアを行ってくれるところです。風邪や生活習慣病がそれに該当します。また横浜市都筑区の内科では、内科以外にも専門的な診療科目に対応しており、いろいろな症状を改善してくれます。

読んでみよう

あると便利なサービス

看護師

腎臓にかわり血液中の老廃物などを濾過する治療を透析と呼びます。毎週何回も通院しないといけない上、移植しない限り治療はずっと続くので家族の負担も大きいといえます。そのため送迎サービスがある病院も出てきています。サービス内容には注意して選ぶとよいでしょう。

読んでみよう